与謝野町の認知症専門の介護サービス事業所です。現在、グループホーム・居宅介護支援事業を展開しており、平成22年4月1日に認知症対応型デイサービスセンター「介護ハウスうえもり」を開設。

今、自分

今、自分がどんな未来を描いているのかを考えてみる。
最近そんな時間が多くなってきている。

僕は与謝野町商工会青年部という団体に所属しているんですが、
どうやら来季から部長になれそうだ。
ここで発表しても良い物かはわからないが、誰も読んでいないと思い込んで言ってみる。

やった。これは念願だったんだ。

で、部長職に就くにあたって、当然、「これから」を聞かれることが増えている。
だから、どんな未来を望んでいるのかを考えることが多くなってきている。
元来、理念とかビジョンとかってよく分からなくて、てきとーにごにょごにょ言ってごまかしてきた。
だから、今考えている。

僕の住んでいる与謝野町は5年前に合併して新しく誕生した町だ。
今、町は少子高齢化の大波に押され、本当に厳しい経済状況になっている。
僕の仕事のフィールドは高齢者福祉サービスなので、
どちらかと言えば恵まれているとよく言われる。
僕自身、セーフティネットの業界が恵まれているというのはとても受け入れられない。
というのは、僕たちの業界が恵まれているというのは、
経済状況がかなり悪い状態にあると思っているので、
みんなが幸せな状況では全然ないので、とても悲しい。

なので、僕は与謝野町が経済的に安定した、地域になってほしいと願っている。
そして、そのためには【加悦鉄道】の復活が必須課題で且つ、
100%成功すると信じている。
かなりいろんな思考を端折ったので、なかなか理解が得られないと思う。
ので、このことについてはちょっとずつ出していこうと思う。
そして、商工会青年部という団体が【何でも気兼ねなく言い合える団体】であってほしいと思っている。
商工会青年部がそういう団体であれば、加悦鉄道はひける。
風が吹けばおけ屋がもうかる理論によってすでに証明済み。
と思い込んでいる。

ただ保存したつもりが公開していた。
明日書こうと思って2日経ったらもう考えていたことなんか忘れてる。
情けない。
よし、次は1日のうちに書きあげよう。
カテゴリわけができなくなって、トップページの下のほうの更新履歴でしかこの記事は確認できないけど、気にしない。
僕の言霊がここにある。
これからの成功へのプロセスが語り続けられる。

2012.11.16

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今、自分

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://uemori201.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントする

株式会社うえもり
京都府与謝郡与謝野町明石652-1
TEL 0772-44-1010
FAX 0772-43-0784
info@uemori201.com

採用情報
ともに日本の認知症の未来を変えましょう!!!
介護・看護職員随時募集中
詳しくは採用情報にて

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30