与謝野町の認知症専門の介護サービス事業所です。現在、グループホーム・居宅介護支援事業を展開しており、平成22年4月1日に認知症対応型デイサービスセンター「介護ハウスうえもり」を開設。

採用情報

image.jpg

会社の特徴

【認知症の方にも笑顔が戻る居場所】

利用者様のご家族から「以前よりニコっとすることが増えた」「楽しみにしている」などの評価をいただいている介護サービスの会社です。弊社は認知症専門特化型のグループホームとして、声かけの方法から施設内の照明の明るさに至るまで、認知症状態の方に配慮した支援を行っています。

募集の理由

【ベテラン職員さんが退職されました】

今回、長い間勤めてくださったベテラン職員さんの退職により、現状現場スタッフに負担が増える形となっているため、新たに募集させていただくこととなりました。
利用者様への介護職員さんを1〜2名募集しています。

社長の思い 

【日常を通じて人として大切なことを学ぶ会社】

 弊社の職員は、本当にいい人ばかりです。介護業はよく「究極の接客業」と言われますが、人としての基本的な優しさや、人が好きといった面がなければ続けられない仕事です。それを、一人ひとりの利用者様に寄り添ってお世話できるというのは、凄いことだと私は思います。
 しかし介護の仕事は、行っていることが「日常生活の範疇」のことのため、なかなかその専門性が認められにくいのも現実です。でも、人に優しく、寄り添っていくという人として基本的なあり方こそ、介護職で磨かれる専門能力だと思います。
 私はもともと、従兄弟の病気のことで悩んだ時にこのことを考えました。従兄弟は病院や他の介護施設では受け入れが難しい症状であり、受け入れるとしたら自社しかないだろうと考えました。
 通常は施設として受け入れが難しいケースは、どうしても敬遠されるのが現実です。弊社にとってもイレギュラーの対応でしたが、それに対応するのが本来、介護業にできることではないかと。そして、それは人として普通のことではないかと思いました。
 「人として」の基礎能力、あり方があれば、仮に他の職業に移ったとしてもきっと役立つだろうと思います。うえもりグループは、そういった人間形成を一つの専門能力と考え、人として大切なことを学ぶ会社でありたいと考えています。

【うえもりの認知症専門性】

  • 弊社施設長の桑原さわ江(弊社施設長)が日本認知症ケア学会のにて、研究発表を2回行いました
  • 認知症の専門家として京都府および与謝野町にて認知症ケアに関する社会活動を行っています。

仕事内容

身体介護メインの仕事ではなく「利用者さんの家庭生活の延長」として人間的な毎日を送っていただくための仕事です。

【利用者様の生活支援】

起床から就寝までの利用者さんの生活を支援します。起き上がり、歩行、衣服の着脱、トイレ、食事の材料準備、片付け、洗濯物干し、入浴時の洗身、買物や外出の支援など、日常生活を送っていただくための支援を行います。

【コミュニケーション】

利用者様に声掛けをしたり、意思確認をしたりと、積極的にコミュニケーションを取っていきます。うえもりでは「利用者が自分の意思で選ぶ」ということを可能な限り徹底しており、声掛けを重要視しています。

【食事づくり・食事支援】

食事を職員の手で手作りし、利用者様に召し上がっていただきます。下ごしらえや盛り付け、片付けなどの簡単な作業は極力利用者様ご本人と一緒になって取り組みます。

【掃除・洗濯】

施設内や利用者さんの部屋の掃除、および洗濯を行います。ベッドシーツ等の交換や洗濯なども行います。

【報告・その他事務】

利用者様個人の記録をとったり、ご家族の方に報告することで信頼関係の構築を行います。

必要なスキル

【特別なスキル、経験は必要ありません】

経験がなくとも研修によってマンツーマンでお教えします。
介護初任者研修修了証(旧ホームヘルパー2級等)などの資格をお持ちの方は優遇いたします。在職中に国家試験(介護福祉士)を受験され、合格された方も9名いらっしゃいますが、強制はしておりません。
特別な能力よりも、優しさ、笑顔、人の気持ちが分かる、人と接することが好きなど、人として大切なあり方を重視しています。
普通自動車免許は必要です。

職場に関してよくある質問

【介護の経験がなくても問題ないか】

資格や経験があるに越したことはありませんが、弊社の業務はあくまでも利用者様の「家庭生活の延長」を支援するものです。ですので、普通に日常生活か送れる人であれば能力的には問題ありません。それよりも、前述の通り人としての優しさや笑顔などの基本的な姿勢が大切です。

【認知症の知識が無くても問題ないか】

間違った認識が起きないよう、研修の時に1日、座学で知識は学んでいただきますので心配いりません。
多くの職員が口を揃えるのは、この仕事をしてみて、「認知症の人というのは、ちょっと物忘れがある普通の人、という認識に変わった」という点です。認知症の知識は先輩から自然と教わりますし、何も特殊な技術が必要なことはありません。

【体力的にはどうか】

技術や経験の向上、他の職員さんとの連携でどんどん緩和できます。
寝ている人を無理やり起こそうとするとどうしても筋力が必要となりますが、適切な声掛けによって利用者様ご自身の力をうまく引き出してあげれば、実は指一本で起こしてあげることも可能です。力を使うことよりもコミュニケーションが大切です。実際、とても細い体系の職員さんでも問題なく続けていただいています。
どうしても筋力的に厳しいことは、職員二人で安全に行えば良いと考えています。

【職場の人間関係が心配】

弊社の職員は、みんな本当にいい人です。そもそも助け合う仕事なので、困っているときは助け合うということをいつも共有しています。例えば産休や傷病休暇などが必要な場合には、他のスタッフが協力して支えあい、フォローしあっています。
人間関係についてもし悩まれた場合は、リーダーが相談にのるよう配慮させていただきます。

【残業などで遅くなるのでは】

定時出社・定時退社を徹底しています。ごくまれな特別な場合をのぞいては、残業はほぼありません。

社風・社内の雰囲気

【家庭的な雰囲気】

利用者様のご家族からは、家庭的な雰囲気で人柄の良さを感じるといったありがたい評価をいただいています。「家庭生活の延長」として、人間的な生活をいつまでも送っていただきたいという思いで運営しておりますので、施設内の雰囲気も、介護施設というよりは通常の家のような雰囲気を目指しています。
職員の平均年齢は45歳くらい。職員からは、この会社に来て「相手の事を考えるようになった」「人への声掛けやコミュニケーションを積極的にとれるようになった」「よく話すようになった」といった反応があります。

こんな先輩が活躍しています

sutaff.jpg

入社後の待遇、入社後のキャリアモデル

【昇進・役職などは】

パートタイマーの方でも、希望があれば正社員登用あります。
キャリアパス制度を導入しており、能力に応じて昇進できます。「自己評価と会社評価+設定目標の達成度」によって評価し、リーダー・副主任・主任・マネージャーの順に昇進します。

採用スケジュール

履歴書と面接で評価。面接随時。
面接後、2日程度で合否を郵送・または電話にて連絡します。

 

社名 株式会社うえもり
勤務地 京都府与謝郡与謝野町明石652-1
TEL・FAX TEL 0772-44-1010 FAX 0772-43-0784
仕事内容 上記「仕事内容」に記載
雇用形態 正社員・パート
賃金(税込) 正社員 155,000円
パート 時給810円〜1,200円
勤務時間 正社員
①08:30〜17:30(休憩60分)
②16:30〜09:30(休憩180分)
パート
①08:30〜17:30(休憩60分)
昇給 あり
ベースアップ込みの前年度実績
正社員 1,750〜3,500円/月
パート 10〜20円
賞与 あり
正社員 年2回 2ヶ月分
パート 年2回 10〜20万円
休日 正社員 7〜10日/月
パート 8〜10日/月
保険等 社会保険完備、雇用・労災完備
試用期間 あり
正社員 1〜3ヶ月 この期間中時給810円
パート 1ヶ月
選考 履歴書、面接

お問い合わせ先

株式会社うえもり 採用担当 植森 江助

TEL 0772-44-1010 FAX 0772-43-0784

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 採用情報

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://uemori201.com/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

株式会社うえもり
京都府与謝郡与謝野町明石652-1
TEL 0772-44-1010
FAX 0772-43-0784
info@uemori201.com

採用情報
ともに日本の認知症の未来を変えましょう!!!
介護・看護職員随時募集中
詳しくは採用情報にて

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30